経営方針?
投稿者:代表・姫宮みちり
0
    公演以外は
    中々ブログが更新されなくなりますので
    「経営方針」について考えてみる。

    方針は各劇団によって異なりますが
    主催をやってみると
    どうしても方針に賛同出来ない団体が出てきたりします。

    ノルマがえげつない。
    本来ノルマは
    小屋代、スタッフ代、印刷代、雑費等の予算表を出し

    その予算が回収出来
    更には出来れば次の小屋代の頭金が回収出来れば
    それでいいと思うのです。



    どう考えても
    予算+次回小屋代頭金よりも
    遥かに高額になるノルマが設定されていると
    ただ単に主宰が私腹を肥やしたいだけに思え
    それを
    私は正義だと認める訳にはいかない。
    と思うのです。


    今まで参加した団体には
    予算+次回小屋代が
    どんなに高くても200万前後なのに
    回収額が400万以上。
    とゆう団体もあって
    末恐ろしい主宰だ。
    と思った覚えがあります。


    ワークショップにしても
    劇団なら
    演劇に関するワークショップをするべきでは無いか?
    と思ったりするのです。

    例えばダンスワークショップとか
    ジムに通った方が安く
    1ヶ月で一曲踊れるようにしてくれます。
    ダンス教室に通えばもっと本格的に踊れますし。

    そうゆう劇団は
    お金を稼ぎたい団体なので
    芸術を広めたい私の考えとは合わない。
    と思ったり。

    そこにいる劇団員は
    何の意志があってそこにいるんだろう…


    まぁ
    私には関係の無い…
    いや
    関係あるのかしら!?
    「劇団」とゆうくくりでは。


    ふむふむ。
    次の公演
    どーしよっかなぁ…←気分屋&即行型


    座長

    Pinkerbell NEWS | comments(1) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    現実問題として、演劇公演を実現するためには出演者に
    ノルマを課すことが必須となっています。

    お金を払って舞台に立つ、というスタイルがわが国では
    定着しすぎている感があります。

    しかし、本来であれば、「劇団」が資金繰りをし、公演
    に必要な経費は入場料とスポンサーマネーで賄い、出演
    者に対してはギャラを支払う、というのが正しい姿です。
    理想論と言われればそれまでですが、この理想は絶対に
    忘れてはいけないと思います。

    「劇団」は十分な入場料収入が得られるような公演企画
    を立て、必要なパブリシティを行う。←わが国の劇団っ
    てここの部分が決定的に抜けてると思いませんか?

    「劇団」が集客努力を全くせず、演者の手売りチケット
    に頼るというのはそもそも悪習だということを確認する
    必要があると思います。

    どこの劇団も新作の上演になぜか拘るのですが、新作が
    面白いかどうかなんて事前には分からないわけです。劇
    団の演出に相当な個性があって、台本に縛られない面白
    さがあれば別ですが…。

    演劇に関しては、基本的にダブルキャストを組んでいる
    公演は今後観に行かないことにしようと思っています。
    必然性のあるダブルキャストが無いとはいいませんが、
    多くの場合、ノルマの軽減化のためにダブルキャストを
    組んでいると思われる場合が多く、大抵の場合、公演そ
    のものがつまらないです。

    ダブルキャストを組んでいない劇団というのは、ダブル
    キャストを組めないくらい完成度が高いものを演ってい
    るか、身の丈にあったスケールで公演を打っていると考
    えています。

    公演を打つこと自体が目的化している演劇は、もう観る
    気がしません。
    ゾルキ
    2012/07/11 7:11 PM
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://pinkerbell1.jugem.jp/trackback/290
    TRACKBACK BOTTOM
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    recent_entry
    LINK
    PROFILE
    FACEBOOK
    MOBILE
    qrcode
    Follow me
    RECENT COMMENT
    archives
    RECENT TRACKBACK
    search